採用情報 Recruitment

社員紹介

点線の境界線

全国の社員から頼りにされる人材に

岩越正樹 パソコン作業
岩越正樹 Masaki Iwakoshi 総務部 総務課 岩越正樹 勤務風景 岩越正樹 電話応対
人と接することは面白い

入社時は総務部経理担当として配属され、その後総務課に異動してしばらく経ちます。総務課は、給与・採用や保険、IT、書類作成や庶務全般など、主に全国の社員を相手とした仕事をしています。日々、人と接するのは面白いなあと感じるほど、本当に毎日いろいろなことが全国で起きます。あっちこっちで「岩越くん!」「ちょっと来て!」と呼ばれるのですが、頼ってもらうことや社員の課題を解決して感謝の言葉をいただくことに、とてもやりがいを感じます。新たな課題が生じる度に、自分自身がもっともっと知識をつけてスムーズに対応していかなければならないなと感じます。

合格点の大切さ

総務課に異動した当初、メールサーバーの切り替えを担当していましたが、自分自身の知識不足により、いくつかトラブルを起こしてしまいました。その時学んだのが、「合格点」の大切さです。どの仕事も100点を求めていますが、求め過ぎると時間もかかります。より高い合格点で、いかに業務を進め、諸々の問題をカバーしながら精度を上げていくかが大切だと思います。それに気づいてからは、トラブルに動じず、仕事に対する覚悟ができました。今も新しい仕事に取り組んでいますが、プラス思考で動けていることで、周囲の信頼も得やすくなったように感じます。

経営陣と近いところで大きな仕事にチャレンジできる環境

以前、とある全社プロジェクトのメンバーに選ばれ、その一員としての役割を果たしました。年齢や社歴に関係なく、やる気と能力が認められれば重要な仕事を任せてもらえる会社です。また、部?や役員、社?とも直接話をすることができる距離感にあります。これは、社員100人程度の大きすぎず小さすぎず、ちょうどいい規模だからこそできることで、当社の魅力だと思います。

知らない自分に気づく

就職活動の時は、公共の就職相談スタッフにお世話になりました。プロの意見を取り入れることで、自分では見えなかった?所や向いている仕事に気づくことができました。現在、仕事として採用に関わってみると、自分をどう見せるかコツを学ぶのも一つではないかなと思います。就職活動に行き詰まった時には、一度大学の就職課などを訪れてアドバイスを求めるのもいいのではないでしょうか。

戻る