採用情報 Recruitment

社員紹介

点線の境界線

何事にも積極的に取り組む姿勢が成功に繋がる

亀井誠 スーツ姿
亀井誠 Makoto Kamei 営業部 首都圏オフィス 亀井誠 事務所風景 亀井誠 現場風景
コミュニケーションで一体感

入社後は営業として首都圏オフィスで勤務しています。普段は、お客様を訪問して話をしたり、現場の状況確認、設計事務所の方と一緒に現場調査や新規の物件に対して仕様提案を行っています。

現場で実際に施工していた経験もあるので、新製品の試験データをとるための施工やお客様に対して施工指導もしています。事務所にいるときは、資料作成のほか、オフィスの人に話をしたり、意見を求められたりと、とにかくよく話します。首都圏オフィスとして一体感があるなと感じています。

達成感がモチベーションに

仕事の中で喜びを感じるのは、大きな物件を受注できた時です。当社と取引が長年空いていたお客様に対して、何度も足を運び、結果受注することができました。私が受注した中では一番大きな物件で、実際の施工期間にトラブルもありましたが、乗り切って無事完工できた時は本当に嬉しかったです。

また、現場での施工技術を問う国家資格の「一級防水施工技能士」、「二級建築施工管理技士」を取得しました。今は営業スタッフなので現場で自ら施工をする機会は少ないですが、普段の営業や施工指導に役立っています。当社では、このような資格の取得を応援する環境も整っており、自身のモチベーションが高まっています。

日々の積み重ねが、今の自分をつくっている

以前、ガソリンスタンドで深夜にタクシーの洗車を数年間続けていました。100台近く一晩で洗ったこともあります。やるしかないと思って洗車をしていたので、体力が必要な仕事は今でも大丈夫です。気分転換になっているのは、職場で誘われて始めたゴルフ。練習も重ねて徐々に打てるようになってきたので、とても楽しく、これからも続けたいと思っています。

営業のスキルに加えて安全運転できることも必要

新入社員として仕事を覚えていく、取り組める能力を示すことも必要ではないでしょうか。また、どんな仕事をするにしても、体力は必要だと思います。営業職に限られますが、ほぼ毎日運転します。長距離運転だとさらに体力も使いますので、車を安全に運転できる能力も持っていた方がいいと思います。

戻る