ハイネス防水 (改質アスファルト防水常温粘着工法)

施工風景
施工風景

 近年、防水工法は環境への負荷軽減、省力化、省エネ化という時代のニーズに応え、従来の熱工法に代わり、火気を使用しない「常温粘着工法」が求められてきています。
   「ハイネス防水」は、改質アスファルト粘着層を保持したシートを、剥離紙をはがし接着させる工法で、基本的に火や煙を出さず、環境に配慮した防水工法です。

特徴

環境に優しい

常温粘着タイプであり、二酸化炭素の排出がなく、低環境負荷性の防水工法です。煙の吸引や火傷の懸念がなく、施工も安全です。

信頼性の高い防水機能

シートは合成繊維不織布と改質アスファルトから構成され、強度と伸び性能(坑張積)に優れています。

優れた経済性

アスファルト溶融釜など大がかりな設備を必要とせず、工期の短縮、省力化が図れます。