ラピネス防水 (改質アスファルト防水トーチ工法)

施工風景
施工風景

 防水工法は時代のニーズや建設技術の発展と共に進化し、アスファルト防水材から改質アスファルト防水材への転換が進んできました。そして省力化、環境への影響などを考慮した「トーチ工法」が官公庁の標準仕様にも採用され仕様の多様化が進み、防水仕様の主流になりつつあります。
 「ラピネス防水」は、当社の改質アスファルト防水トーチ工法として、防水層に求められる基本性能を高め、新築工事、改修工事、寒冷地区、温暖地区、四季を問わず施工を可能としました。

特徴

環境に優しい

アスファルト防水熱工法の臭い、煙の発生がほとんどなく、低環境負荷性の防水工法です。

信頼性の高い防水機能

シートは合成繊維不織布と改質アスファルトから構成され、強度と伸び性能(坑張積)に優れており、トーチバーナーで加熱溶着することにより高い水密性を発揮します。

優れた経済性

アスファルト溶融釜など大がかりな設備を必要とせず、工期の短縮、省力化が図れます。