クロスアーマー防水 (改質アスファルトクロスオーバー工法)

施工風景
施工風景

 近年社会からのニーズに応え、アスファルト防水はさまざまな技術改良を経て今日まで発展してきました。防水機能の高い信頼性を優先するなら熱工法、環境や安全を重視するならトーチ工法を採用する。この両方のニーズに応えるのが「クロスアーマー防水」です。
 アスファルト防水の信頼性をそのままに、溶融釜を使わない画期的なこの工法は、アスファルト防水の新たな可能性を切り開きます。

特徴

高い信頼性と低い環境負荷を両立

流し張りで高い水密性を確保する熱工法と、煙やにおいの原因となる溶融釜を使用しないトーチ工法の長所を兼ね揃えます。

優れた耐候性・耐久性をもたらす独自技術

下張り用シートは、裏面がストライプ状の部分接着、表面が溶解性に優れた改質アスファルトバインダーで構成されており、この表面をトーチバーナーで溶融することにより、アスファルトコンパウンドのようにシート間を隙間なく充填させることができます。