アスファルト防水

施工風景
施工風景

 アスファルト防水は、その歴史が古く最も信頼のある防水工法と言えます。 施工方法は溶融アスファルトを接着材としルーフィングを張り付け、一体化した防水層を形成させます。 官公庁を中心に、重要度の高い建物にはアスファルト防水が採用されてきました。
 その一方で、アスファルトを溶融する際に発生する煙、臭いの問題があり、 当社ではそれを最小限に抑えた「省エ型絶縁通気熱工法」を確立しております。 実績と信頼を維持しながら、環境負荷の低減を兼ねそろえた防水工法です。

特徴

実績と信頼を併せ持つ

アスファルトルーフィングシートを溶融アスファルトで完全接着させる最も信頼のある防水工法であり、古くからの実績があります。

環境に配慮した工法の確立

従来からの信頼ある工法を保ちつつ、環境に配慮した「省エネ型絶縁通気熱工法」を確立しております。

ライフサイクルアセスメントの高い評価

ライフサイクルアセスメントとは、製品、サービスの全ての段階においての環境負荷を評価するものであり、耐久性に優れるアスファルト防水は、高い評価を得ています。